2020年5月8日金曜日

田植初日、田植中に田植機(NSU87)のファンベルトが切れたので、田んぼで自分で交換です。【密播苗移植2020】

 本日の午後から、2020年シーズンの密播苗移植を開始しました。
13:00から田んぼ4面をのんびりやって、16:00ころ終わる計画でしたが、シーズン初日でアクシデントが発生しました。

3面目の田んぼに田植しているときに、エンジン左付近から「ガラガラ」と異音とともに焦げ臭いにおいが発生しました。「機械止まるかも・・・」と思いながら、田んぼのど真ん中だったのでエンジン回転を落としてだましだまし田植していました。
そしたら間もなくして、エンジンは回っているものの車体が走行しなくなったので、田植機から降りて周囲を確認したところVベルトがちぎれた状態で泥の上に落ちていました

 これはファンベルトだろうと思い該当箇所を確認したところ、予想どおりベルトがなくなっていました。機体はクボタNSU87です。

 すかさず農機具屋さんに行きVベルトを購入!本当は純正品が欲しかったのですが、在庫切れだったため、あるやつを買ってきました。SB-42です。

 すでに走行しないので、仕方なく田んぼの真ん中で取り付け作業です。
テンショナーが強かったので、泥がついたゴム手袋ではヌルヌル滑って少々難儀でしたが、マフラーから通す感じで完了です。

 ちなみに、私含めて3人で作業していましたが、その中に機械屋さんだった方がいたので、取り付け作業前にテンションプーリーの安全な扱いのコツを教えてもらいました!(^^)good!

ということで、2020年シーズンの田植を始めました。
今回の田植中のエンジントラブルと現場での修復は、今後につながるとても良い経験になりました。ファンベルトも新品になったので良かったです!

直播志向な私ですが、密播苗移植は半日分の苗箱の搬送が一回で済むのがイイです!苗を取りに戻るのはかなりの時間と労力が必要ですからね!

機械整備も楽しいので趣味になりそうです!

0 件のコメント:

コメントを投稿