2021年12月5日日曜日

2021年初冬の南高ヒュッテ【下見スノートレッキング】

いつもの9歳児と初冬の鳥海山、南高ヒュッテ、午後からピストンです。
今回はスノトレ、厳冬期に南高ヒュッテにラッセルしながら行って、カップラーメンランチするための下見です。
湯ノ台の登り口から往路13:30~14:00、復路14:30~14:47、夏道基準の山と高原地図のとおりのペースでした。積雪は大人が歩いてくるぶし以上といった感じで、今のところツボ足OK、かんじき不要です。


2021年11月21日日曜日

多分半世紀以上土蔵に放置されていたハリケーンランタンを整備して使えるようにしました。

一昨年あたり、土蔵の中に灯油ランプがぶら下がっていると思っていましたが、最近までは興味がわかず気に掛けることなどありませんでしたが、数日前に一緒に仕事をした人がキャンプ好きで車に常時積んでいるキャンプ道具の中からハリケーンランタンを見せてくれたのが今回のレストアのきっかけです。


2021年10月31日日曜日

フィールドアスレチックみたいな鳥海山「のぞき~鶴間池」ピストン

いつもの9歳児と鳥海山です。
10:55のぞきから降りはじめて、11:35鶴間池に到着しました。このルートの醍醐味は短時間で往復できて、ロープを使うところかと思います。まずは私が見本見せまして、、、


2021年10月30日土曜日

鉄コ直播月報2021年10月分【収量と稲刈りそのあと】

<2021年10月11日08:30ころ撮影:1シーズン分の乾燥機の排気から一緒に出たごみ>

2021年は米の値段が下がりましたが、出荷を終えて伝票を計算すると当営農直播部門で平年比で1.2倍強の収量となりました。移植は平年並みです。
米の実り方は、栽培者の栽培技術よりも天候がほとんどを占めるのかと思っています。栽培技術:天候=1:9みたいな感じで。そして鉄コ湛水直播4年目を終了し、栽培技術の部分で一番重要なのは(個人的な意見で)「雑草を生やさないこと」ではないかと・・・


2021年9月30日木曜日

鉄コ直播月報2021年9月【稲刈り中です】

<2021年9月30日08:30ころ撮影:鉄コ直播の稲刈はじめました。>

・上旬にコンバイン、乾燥機、籾摺機等の稲刈り前の機械整備と、作業倉庫の模様替え。
・鉄コ直播の草刈り約1.4町歩は、9/2にウイングモアー、9/7スパイダーモアー、9/10刈り払い機。
・鉄コ直播の田んぼへの今シーズン最後の給水は9/7、止水板の撤去と暗渠開放は9/14です。

・刈取はWCS9/6から、移植は9/13にコンバインの試運転から初めました。コンバインで周回していての感想は例年よりもコンバインのタンクが満タンになるのが早いです。エンジン負荷も高く、例年どおりの操作だとこき胴から煙が出たり(車両火災寸前の雰囲気になりびびりました!)、わらが詰まったりで例年のスピードで刈れませんでした。WCS以外は自家調整です。
・直播の刈取りは9/30に6面中4面刈って、残り2面は乾燥調整して出荷後の来月の1週目を目標にしています。

鉄コ直播の刈りはじめ08:30の水分量は20.6%とまさに刈時といった感じでした。(9/30刈り取り分の平均水分量17.4%、仕上げは14.5%

すべての出荷が終わったら、雪が降る前に畔塗、整地、崩れている法面など、田んぼの整備をしたいと思っています。間もなく今シーズン終わり、何俵でるか楽しみです。


2021年9月2日木曜日

稲刈り前のヤンマーGC447Vコンバイン整備

本日は稲刈り前の草刈りの合間で、午後からコンバインの稲刈り前整備を行いました。車両はヤンマーGC447Vです。
上の写真は2番処理胴を引き抜いた状態です。重いので酒箱を2段重ねたのに置いて作業してます。
放置しているとスプラインが固着し、車体から抜けなくなり、後々めんどくさくなるので毎年やっています。


2021年8月28日土曜日

鉄コ直播月報2021年8月【出穂と余暇】

<2021年8月28日昼前撮影:例年より茶色いぷつぷつ多いです。特に多いところの写真。>

7月の後半に、播種後2回目の草刈りを終え、8月は出穂を楽しみにしながら、極浅水管理を継続するのみでした。やることはたまに行う給水栓の開閉だけ。肉体労働もないのでほぼ暇な状態です。いろいろ趣味や遊びができる月です。


2021年8月16日月曜日

鳥海山南高ヒュッテでランチ【トートバッグとゴム長靴の威力】

鳥海山の南高ヒュッテまでランチハイキングしました。上の写真は持ち物です。すべてトートバッグに収まりますが、9歳児も一緒に行くため小さいリュックに分散しました。